テオドー ティーストーリー

2016/01/19

パリの高級紅茶テオドー代表ギョウム・ルール氏をお迎えし、テオドーの紅茶をテイスティングしながらラグジャリーな紅茶の世界を体験していただきます。

パリから北へ2時間程のところにある、ボニエールにテオドーの工場とオフィスがあります。ボニエールはモネの庭があるので有名なジュベルニーの隣町になります。緑豊かな田園風景の美しい町にあるシンガーミシンの工場後、古いレンガ造りの建物がテオドー本社です。

代表のギョウム・ルール氏は紅茶のブレンダーでもあり、彼の秘密の部屋と呼ばれる紅茶をブレンドするためのアトリエからは、悠々と流れるセーヌ川を見渡すことができます。

加藤千恵のナビゲターでギョウムさんの紅茶にまつわる話を伺いたいと思います。彼のお茶のスタートから、お茶への想い、お茶のネーミングやブレンドにまつわるエピソード等、いつも高いこだわりを持ってお茶を愛する本音を伺えるチャンスです。

勿論テオドーの紅茶をテエイスティングしながら、加藤千恵のお菓子盛り合わせプレートもご一緒にお楽しみ頂けます。

お帰りの際は、テオドーの紅茶100g入り1缶と加藤千恵のバレンタインチョコレートをお土産にお持ち帰りいただけます。
特に紅茶は現在ライナップに入っていないため、販売されていないストロングブレックファースト茶です。

この紅茶は、フレッシュクリームがテオドーの代理店としての決定に決め手となった紅茶です。
10年ほど前ですが、加藤千恵とスタジオスタッフの好みのお茶がブレックファーストティーでした。海外数多くのブレックファーストの中で特に好みの美味しいブランドが3社ほどあり、海外から取り寄せたり、出張の折にトランクに一杯詰めて持ち帰ったりして楽しんでいたものです。

しっかり入れても渋みが出ず、お茶の香りも良く、朝食のみならず仕事の合間に頂くと心からホットするお茶でした。

テオドーの代理店として名乗り出るか、その決め手になったのはこのストロングブレックファーストなのです。
通常お茶のメゾンとして、あまり重要視しないブレックファーストティー。しかしこお茶が美味しいメゾンは他のお茶も美味しいというが私の経験です。その当時、私のお気に入りの、どのブレックファーストよりテオドーのストロングブレックファーストが美味しかったのです。

その紅茶を今回のイベント用に取り寄せ、プレゼントにさせていただきたいと思います。

玉川タカシマヤの玉川テラスは緑に囲まれた庭の中にあります。都会の喧騒を忘れ紅茶とお菓子をお召し上がりいただきながら、ギョウムさんの紅茶にまつわるお話をお楽しみください。

日時 2016年2月4日(木)  A午前10時30分~
                    B 午後2時~

参加費 ¥10800  お電話でお申し込み後、講習会当日玉川テラスにお持ちください。開催日前1週間過ぎのキャンセルは参加費を頂くことになります。

ご参加ご希望の方は、お電話でお申し込み頂きます。

加藤千恵洋菓子教室の生徒さんは、お教室の電話番号からお申し込みください。

教室の生徒さん以外の方は次の電話番号からお申し込みお願いします。
玉川タカシマヤ 代表 03-3709-3111 内線3514 本館5階ダイニング フレッシュクリームまで

 teodo--2

 ギョウムさんの「秘密の部屋」でお茶のブレンド中。窓の外にはセーヌ川が流れる景色が見えます。

 

 

  • Home
  • NEWS
  • Profile
  • Chie's Diary
  • School
  • Recipe
  • Books
  • Shopping
Top